サービス案内

面談カウンセリング

ラプレがもっとも大切にしていること。それは「日常における人間同士のふれあい」ということ。
面談カウンセリングは、カウンセラーと直接会ってお話をすることで、もっとも高い効果が期待できます。

ステップ1:まずは「アナタを知る」ことから

まずはじめに、私たちカウンセラーにアナタのことを聞かせてください。 そして私たちカウンセラーにも少しだけ私たちの話をさせてください。
私たちカウンセラーとアナタと一緒に悩みに向き合っていきましょう。

  専門性と信頼性の高い、ラプレ「こころのソクテイ」を行い、質の高いカウンセリングに役立てます。

ステップ1:説明画像

心理検査(MINI自動診断システム)
250項目から構成される質問に答えてもらい、回答結果を点数化する事により、 その人のパーソナリティ(性格・人格)を捉える。その人に合った最適なカウンセリングを行うための検査。
MAS 不安尺度検査
パニック障害、神経症、心身症に伴う不安の客観的測定、神経症に対する心理療法の効果の判定や、 薬物の心理的影響を調べるのに有効な検査。顕在性不安の測定尺度として定評がある検査。
SDS うつ性自己評価尺度検査
簡単にできる「うつ性評価尺度」として臨床的に定評があり、精神衛生のために、 情意状態を知るスクリーニングテストとしても使用できる。全20項目の質問に4段階評価で自己回答していく検査。
PSI 育児ストレスインデックス検査
育児ストレス、親子や家族の問題などを査定し、援助の必要なケースを早期に発見したり、 これらの問題を援助するための検査。また、自らの育児を再認識し、ストレスを緩和するきっかけともなる。
FDT 親子関係診断検査
人間関係の形成に最も大きな影響を及ぼす親子の関係。子供がどのような親子関係を経験してきたかを知るため、 子供が「親を安全基地としているか」といったことを情緒的側面から把握する検査。
小児ANエゴグラム検査
エゴグラムとは、人の心を5つの領域に分類し、心理学理論に基づいて作られた信頼性の高い性格診断テスト。 小児の自我の働き、自我状態のバランスやエネルギーについて簡便に判定できる検査。
OSI 職業ストレス検査
職業ストレス源の認知→ストレス反応→ストレス源・ストレス反応への対処という、 一連のストレス連鎖を包括的に測定し、精神的健康の維持・増進への援助を目指す総合的なストレス検査。

ステップ2:対話をくり返し、調和をとり戻す。

カウンセリングという「人間同士のふれあい」をくり返し、こころの重荷、抱えている問題からの解放や、 気持ちを軽くすることを目指していきます。 調子が良い時もあれば、良くない時もあります。それらの傾向をあらゆる角度から把握し、 必要に応じて「認知行動療法」などの専門性の高い療法を実施します。

ステップ2:説明画像

ステップ3:効果を実感していただくために。

カウンセリングを続ける中で、悩みの深さ、こころのバランス、 それらを客観的かつ専門的に判断しながら、ゆっくりと着実に良くなっていくアナタの状態を確かめていきます。
私たちラプレは、何か目に見える「モノ」を提供することはできません。
こころの安定や日々の活力といった、目には見えない価値こそがアナタにとっての本物の宝物だと考えます。

ステップ3:説明画像

※ご利用料金に関しては「ラプレの料金システム」ページをご覧ください。

ラプレの料金システムはこちら

かんたん会員登録はこちら

初めての方へ

かんたん会員登録

マイページにログイン

ログインID(メールアドレス)

パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら

サービス案内

面談カウンセリング

メールカウンセリング

ご相談例

体験者の声

ラプレの料金システム

カウンセリングルーム

カウンセリングルームのご紹介

カウンセラーのご紹介

店舗・カウンセラーからのお知らせ

よくあるご質問

会社概要

法人の皆様へ

法人会員とは

法人会員一覧

お問い合わせ